ロシア、1年前からサイバー攻撃 ウクライナ侵攻前に不正侵入

6/29 16:36
 ロシアがウクライナへの攻撃に使ったコンピューターウイルス「ウィスパーゲート」に感染すると表示される文章。身代金を要求しているがデータは破壊される(米マイクロソフト提供)

 ロシア政府の支援を受けたハッカー集団は、ウクライナ侵攻の約1年前にはサイバー攻撃を仕掛けていた。米マイクロソフトのリポートなどによると、水面下の攻撃を遅くとも2021年3月には開始。専門家はウクライナ関係者のIDやパスワードを盗み、情報システムへの不正侵入を繰り返したとみている。

 自衛隊のサイバーセキュリティー部門の所属経験があるサイバーディフェンス研究所の名和利男専務理事は「検知されにくい高度な攻撃手法を用いた」と分析する。21年8月ごろ、ロシア政府の支援を受けたハッカー集団「アクチニウム」はウクライナ政府や軍、警察、非政府組織(NGO)を攻撃した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ロシアがウクライナへの攻撃に使ったコンピューターウイルス「ウィスパーゲート」に感染すると表示される文章。身代金を要求しているがデータは破壊される(米マイクロソフト提供)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]