NATO「ロシアは直接の脅威」 12年ぶり戦略文書、対中国懸念

6/29 22:46
 29日、スペイン・マドリードでのNATO首脳会議に出席した(左から)トルコのエルドアン大統領、バイデン米大統領、ストルテンベルグNATO事務総長、ジョンソン英首相(ロイター=共同)

 【マドリード共同】欧米の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)は29日、スペイン・マドリードで開かれている首脳会議で、今後約10年間の指針となる新たな「戦略概念」を採択した。戦略概念の改定は2010年11月以来、約12年ぶり。ウクライナに侵攻したロシアへの姿勢について、現行の「戦略的パートナー」から「最大かつ直接の脅威」と明記し、大きく変更した。

 中国が「体制上の挑戦」を突き付けているとし、中国への懸念に初めて言及した。「インド太平洋地域はNATOにとって重要だ」とも記した。NATOは冷戦終結後、最大の転換期を迎える。

 岸田文雄首相が初めて出席した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 29日、スペイン・マドリードでのNATO首脳会議に出席した(左から)トルコのエルドアン大統領、バイデン米大統領、ストルテンベルグNATO事務総長、ジョンソン英首相(ロイター=共同)
 29日、スペイン・マドリードでのNATO首脳会議に参加したバイデン米大統領(前列左から2人目)ら各国首脳(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]