台風14号、列島縦断へ 東海で線状降水帯の恐れ

9/20 01:19
 台風14号の予想進路(20日0時現在)

 大型の台風14号は20日、西日本から東日本を暴風域に巻き込みながら本州付近の日本海を進んだ。日本列島を縦断し、北日本までの広い範囲で影響が続く見込みで、東海では線状降水帯発生の恐れもある。気象庁は暴風や高波、大雨への厳重な警戒を呼びかけた。九州を中心に記録的な大雨で地盤が緩んでおり、土砂災害にも警戒を求めた。台風は20日に温帯低気圧へ変わる見込み。

 宮崎県三股町では19日、土砂崩れに巻き込まれた男性ら2人が死亡した。

 気象庁によると、台風は20日午前0時現在、金沢市の西北西約90キロの日本海を時速約35キロで東北東へ進んだ。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 台風14号の予想進路(20日0時現在)
 台風14号の予想進路(19日23時現在)
 台風14号の予想進路(19日21時現在)
 台風14号の影響で、高知県安芸市の漁港に打ち寄せる高波=19日午前7時50分
 宮崎県三股町の土砂崩れ現場で行われた捜索活動=19日午後1時48分
 台風14号の大雨で冠水した住宅地=19日午後3時28分、宮崎県国富町(共同通信社ヘリから)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]