英国葬、女王に別れ 数十万人沿道埋める

9/19 21:13
 ウェストミンスター寺院で執り行われた、エリザベス英女王の国葬=19日、ロンドン(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】8日に96歳で亡くなったエリザベス英女王の国葬が19日午前11時(日本時間同午後7時)から、ロンドンのウェストミンスター寺院で執り行われた。天皇、皇后両陛下やバイデン米大統領ら各国首脳が参列。英メディアによると、数十万人の市民が沿道などで追悼した。英君主として最長の70年にわたる在位で献身的に尽くした「英国民の母」に世界が最後の別れを告げた。

 英国での国葬は1965年のチャーチル元首相以来、57年ぶり。英紙によると、ロンドン警視庁は1万人を超す警察官を配置。テレビやオンラインなどを通じ、世界で数十億人が国葬の様子を視聴するとの予測もある。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ウェストミンスター寺院で執り行われた、エリザベス英女王の国葬=19日、ロンドン(ロイター=共同)
 ウェストミンスター寺院に移されたエリザベス英女王のひつぎ=19日、ロンドン(ゲッティ=共同)
 エリザベス英女王の国葬を前に行進する警察官=19日、ロンドン(ロイター=共同)
 エリザベス英女王の国葬に際し行進する近衛兵=19日、ロンドン(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]