女王ひつぎ、ウィンザー城に埋葬 夫フィリップ殿下も眠る

9/20 09:32
 19日、ロンドン郊外のウィンザー城にある聖ジョージ礼拝堂へ運び込まれるエリザベス英女王のひつぎ(ロイター=共同)

 【ウィンザー共同】国葬を終えたエリザベス英女王のひつぎが19日、昨年4月に死去した夫フィリップ殿下も眠るロンドン郊外のウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂に埋葬された。人生を国民への奉仕にささげた女王に最後の別れを告げようと、周辺には大勢の市民が駆け付けた。

 カンタベリー大主教が祈りをささげ、ひつぎの上に供えられていた王冠などが取り去られた。参列者は国歌「ゴッド・セーブ・ザ・キング」を斉唱。チャールズ国王は沈痛な表情を浮かべた。ひつぎは女王の両親であるジョージ6世夫妻のひつぎもある礼拝堂の王室地下墓所に降ろされ、故フィリップ殿下のひつぎと一緒に埋葬された。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 19日、ロンドン郊外のウィンザー城にある聖ジョージ礼拝堂へ運び込まれるエリザベス英女王のひつぎ(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]