サッカー、年1回以上プレー4% W杯控え総務省公表

11/16 17:33
 カタール・アルラヤンの「教育都市」にあるサッカーボールのモニュメント=8月(共同)

 総務省は16日、サッカー・フットサルを年1回以上プレーした10歳以上の割合は4・7%だったと発表した。コロナ禍でスポーツをする機会が減ったこともあり、5年前と比べ1・3ポイント減った。サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の開幕を20日に控え公表した。

 2021年社会生活基本調査を基に、20年10月〜21年10月に趣味や遊び、部活動で行ったスポーツを分析した。

 トップはウオーキング・軽い体操で44・3%。他はジョギング・マラソンやサイクリングなどが上位だった。球技ではゴルフが6・9%(7位)、野球が6・3%(8位)でサッカーは14位だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 カタール・アルラヤンの「教育都市」にあるサッカーボールのモニュメント=8月(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]