組織委担当、企業確保を懸念 競技人気に偏り、受注調整か

11/26 10:00
 大会組織委の大会運営局元次長宅から運び出した段ボール箱を車に積み込む東京地検の係官=25日、川崎市

 東京五輪・パラリンピックのテスト大会を巡る入札談合事件で、大会組織委員会で事業発注に関わった大会運営局元次長が、全ての競技で担当企業を確保できるかどうか懸念を抱いたと周囲に説明していたことが26日、関係者への取材で分かった。競技の人気の偏りが背景にあったとみられ、東京地検特捜部と公正取引委員会は、元次長ら組織委側が円滑に受注企業が決まるよう調整に関与した可能性もあるとみて談合の実態解明を進める。

 元次長はテスト大会や競技場運営の取りまとめ役を担っており、人気のある競技以外で引受先がスムーズに決まるのか、不安を抱えていたという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 大会組織委の大会運営局元次長宅から運び出した段ボール箱を車に積み込む東京地検の係官=25日、川崎市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]