不当寄付防止へ配慮義務 救済新法「自由意思の抑圧」規制

11/28 16:25
 記者会見する松野官房長官=28日午後、首相官邸

 政府は28日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済新法の条文案を自民党合同会議に提示し、了承された。寄付の不当勧誘防止に向け、法人の配慮義務として「自由な意思を抑圧しない」といった規制を明記。「霊感」で不安をあおる寄付の勧誘行為を禁止し、国の命令に違反した場合は1年以下の懲役や100万円以下の罰金を科す。12月1日にも法案を閣議決定し、今国会で成立を図る方針だ。

 配慮義務規定は、マインドコントロール(洗脳)下の寄付取り消しを求める立憲民主党などの主張を踏まえた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見する松野官房長官=28日午後、首相官邸
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]