国内外ニュース

尼崎脱線現場で初の追悼慰霊式へ JR西日本、被害者に説明

2018年11月17日 19:37
記者会見するJR西日本の来島達夫社長=17日夜、兵庫県伊丹市
記者会見するJR西日本の来島達夫社長=17日夜、兵庫県伊丹市
 2005年に起きた尼崎JR脱線事故でJR西日本は17日、来年4月の追悼慰霊式を、列車が衝突した兵庫県尼崎市の現場マンション付近で初めて営むと明らかにした。

 兵庫県伊丹市のホテルで開いた非公開の説明会で負傷者らに伝えた。マンション一帯は今夏に慰霊碑などの整備工事が完了し、一部遺族らから事故現場での慰霊式実施を求める声が出ていた。

 説明会でJR西は雨天対策として、慰霊碑前の広場に大型テントを設けるなど概要を説明。参加者によると、「現場に行くのは心理的に不安だ」との意見も出た。付近のホテルで式の様子を中継する案も報告された。

 また、最終的な保管場所が未定の事故車両について、JR西は7両全てを保存すると説明。遺族や負傷者の意見を聞きながら来年度以降、社員の安全教育のために活用方法を示すという。

 妻が重傷を負った兵庫県川西市の中島正人さん(55)は「事故を物語る現場での式は風化防止につながり重要。ただ、思いはさまざまなので配慮は必要だ」と話した。

 JR西の来島達夫社長は17日の記者会見で、事故現場で追悼慰霊式を営むことについて「現場の慰霊碑の前ですることが一番大事だと思った」と述べた。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から