北日本で大雨の恐れ 台風変化の温帯低気圧、警戒を

9/25 09:15

 台風から変わった温帯低気圧の影響により、北日本では26日にかけて大雨や暴風になる恐れがあるとして、気象庁が25日、土砂災害や河川の増水、低地への浸水などに警戒や注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、温帯低気圧は関東の東の海上からゆっくり北上しながら発達。北日本の太平洋側を中心に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るほか、海上は強い風が吹き、大しけになる。

 また、四国沖には前線を伴った別の低気圧があり、西日本で大気の状態が不安定になり、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が雷を伴って降る恐れがある。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]