無資格施設長が胃ろう処置、神戸 特養老人ホーム、人手不足で

9/25 09:57

 神戸市の特別養護老人ホーム「きしろ荘」で、入所者に対し、医療行為の胃ろうの処置を無資格の施設長が担当していたことが25日、分かった。施設長が取材に認めた。入浴回数も2週間に1〜2回の頻度で、国の基準を下回っていた。職員不足が原因で、約50人いた入所者の削減などで既に改善したという。

 施設長によると、胃に栄養をチューブで入れる胃ろうは看護師資格を持つ職員が担当していたが、この職員の退職で昨春から今夏まで施設長が代行。無資格の職員によるたんの吸引もあった。

 施設長は「人手不足で、職員に長時間労働を強いることもできなかった。入所者に大変申し訳ない」と謝罪した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]