ステルス機追加配備を容認、山口 県知事、基地強化懸念も

9/29 17:05
 山口県議会で米軍のステルス戦闘機F35Bについて発言する村岡嗣政知事(手前)=29日午後

 山口県の村岡嗣政知事は29日の県議会で、米軍が同県岩国市の岩国基地に最新鋭ステルス戦闘機F35Bを追加配備する計画を容認する意向を示した。国は日米同盟の抑止力が強化され、日本周辺地域の安定に寄与すると説明しているが、反対派住民からは「基地の機能強化がなし崩し的に進められている」と懸念する声が出ている。

 村岡知事は岩国市など基地周辺の1市2町の首長が配備に理解を示したことを踏まえた判断と説明し、「住民の生活環境に大きな影響を与えるものではない」と述べた。騒音軽減や事故対策を政府に求めると強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 山口県議会で米軍のステルス戦闘機F35Bについて発言する村岡嗣政知事(手前)=29日午後
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]