阿蘇山の火山灰、清掃車で除去 周辺自治体で警戒続く

10/21 10:40
 阿蘇山の中岳が噴火した影響で、道路に積もった火山灰=21日午前8時49分、熊本県高森町

 熊本県・阿蘇山の中岳(1506メートル)の第1火口で発生した噴火から一夜明けた21日、周辺自治体は引き続き火山活動への警戒に当たり、道路に積もった灰の除去作業などを進めた。

 噴煙が流れた高森町では、ブラシのついた清掃車が路面の灰を取り除いた。町によると、21日までに数十トンを回収する見込みという。

 阿蘇市は観光客に注意を促すため、火口に通じる名所「草千里」に仮設事務所を設置。大阪府から修学旅行で訪れた高校生は、規制エリア外から噴煙を見学していた。

 噴火は20日午前11時43分に発生し、阿蘇山では2016年10月以来となる火砕流が確認された。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 阿蘇山の中岳が噴火した影響で、道路に積もった火山灰=21日午前8時49分、熊本県高森町
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]