阿蘇山、降灰に農家嘆き キャベツ「加工用しか」

10/21 17:01
 阿蘇山中岳が噴火した影響で、火山灰が付着したキャベツ=21日午前10時4分、熊本県高森町

 20日に噴火した熊本県の阿蘇山周辺は、涼しい気候を生かしキャベツなど葉物野菜の生産が盛んな地域だ。各地で火山灰の除去作業に追われた21日、農家からは「灰が付くと商品価値が下がる」「加工用に回すしかない」と嘆く声が上がった。

 蒲島郁夫知事は21日、高森町のキャベツ農家を視察。見た目が悪くなったため安価な加工用に出荷すると説明を受けた。その後、蒲島氏は「葉物野菜、とりわけキャベツの被害を注視したい。(灰が付いた)外の葉を取り除くと、商品価値が下がってしまう」と述べた。

 JA阿蘇によると、葉物野菜は灰が付くと枯れたようになり、売り物にならないこともあるという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 阿蘇山中岳が噴火した影響で、火山灰が付着したキャベツ=21日午前10時4分、熊本県高森町
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]