長時間労働是正せず自殺と解決金 パナソニックと遺族和解、富山

12/7 17:59

 富山県砺波市にあるパナソニックの工場に勤めていた男性=当時(43)=が2019年に自殺したのは、持ち帰り残業など長時間労働を是正せずうつ病を発症したためとして、同社が遺族に謝罪、解決金を支払う内容で和解したことが7日、遺族側代理人への取材で分かった。

 パナソニックは社内調査で男性の持ち帰り残業の責任も認めた。裁判を経ないで、企業が持ち帰り残業を労働時間として認めるのは異例という。和解は6日付。

 男性の妻(41)は7日、富山市で記者会見し「主人は真面目で責任感があり、仕事を背負いすぎてしまった」と述べ、過労自殺の再発防止徹底を訴えた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]