日本赤軍・重信元幹部が出所 「見ず知らずの人に被害」

5/28 10:12
 医療刑務所を出所し、取材に応じる「日本赤軍」の重信房子元最高幹部(中央)=28日午前8時18分、東京都昭島市

 世界各地でテロ事件を起こした「日本赤軍」を結成し、オランダのフランス大使館が武装占拠された1974年のハーグ事件に関与したとして懲役20年の判決が確定した重信房子元最高幹部(76)が28日、刑期満了を迎え、服役していた医療刑務所「東日本成人矯正医療センター」を出所した。

 重信元幹部は午前7時55分ごろ、黒のワンボックスカーに乗って施設の敷地から出た。車から降りると支援者に囲まれ、抱擁を交わした。近くの公園で報道陣の取材に応じ、「見ず知らずの人たちに被害を与え、この機会におわびします」と述べ、「まずは治療と学習に専念したい」とはっきりとした口調で話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 医療刑務所を出所し、取材に応じる「日本赤軍」の重信房子元最高幹部(中央)=28日午前8時18分、東京都昭島市
 医療刑務所を出所した「日本赤軍」の重信房子元最高幹部(中央)=28日午前7時55分、東京都昭島市
 重信房子元幹部
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]