女児2人自殺といじめの関連認定 愛知・豊田、弁護士らの調査結果

6/29 16:47

 愛知県豊田市で2019年3月、同じ市立小に通う6年の女子児童2人=ともに当時(12)=が飛び降り自殺した問題で、市は29日、外部の弁護士らによる調査結果を公表した。校内で2人へのいじめがあったと認定した上で、「自殺の直接の原因となったものではないものの、関連性は否定できない」とした。

 市によると、市教育委員会が設置した第三者委員会が20年6月にいじめを認定した一方で、自殺との関連性を否定する報告書をまとめていたが、遺族から「関係者への聞き取りが不十分」などと申し出があり、再調査していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]