拳銃一時紛失で警部補を減給 警視庁、国葬警備の装備品

10/7 15:05
 警視庁

 安倍晋三元首相の国葬を巡る要人警護のため、他の道府県警から派遣された警察官の装備品だった実弾入り拳銃4丁を一時紛失したとして、警視庁は7日、警護課の男性警部補(42)を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とした。

 警視庁によると、警部補は9月30日午後、東京都府中市の警察施設で拳銃4丁が入ったままの保管用ロッカーを、誤ってリース業者に返却した。拳銃の数が合わないため業者に確認したところロッカー内で見つかった。約4時間後に回収され、使用された形跡はなかったという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 警視庁
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]