野党、首相の所信表明を批判 「社会像も夢もない」

10/26 17:43

 野党各党は26日、菅義偉首相の所信表明演説を受け「ビジョンや夢が全くなく、この先にどんな日本、社会があるのか全く分からなかった」(福山哲郎立憲民主党幹事長)などと一斉に批判した。日本学術会議の会員任命拒否問題への言及がなかった点も問題視した。

 福山氏は「自らの言葉はまるでなく、政策の寄せ集めを読み上げただけだ。中身がない」と指摘。日本維新の会の馬場伸幸幹事長も「国民に夢や希望を持ってもらえるスローガンがない」と不満を漏らした。

 任命拒否問題に関し、社民党の福島瑞穂党首は「首相から説明すべきだった」と強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]