自民、デジタル庁「若手登用を」 霞が関の人事慣習から脱却を提言

12/4 17:37

 自民党行政改革推進本部(棚橋泰文本部長)は4日、党本部で役員会を開き、政府が来年9月創設を目指す「デジタル庁」に関する中間提言を決定した。「霞が関の人事慣習からの脱却」を掲げ、能力重視の人事評価制度導入や若手の幹部登用を柱に据えた。近く菅義偉首相に提出する。

 学歴や勤続年数を考慮せず「能力のみを評価して登用する制度」を提唱。20、30代でも次官、局長級ポストに抜てきするべきだと指摘した。人材確保に向け、高給で処遇する新たな雇用制度の検討も求めた。

 デジタル庁の事務方トップについては、民間の第一線で活躍する人材の起用を推奨した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]