菅首相「桜」巡る答弁を撤回せず 学術会議の反発は当初から想定

12/4 20:33
 記者会見を終えて引き揚げる菅首相。奥は加藤官房長官=4日夜、首相官邸

 菅義偉首相は4日の記者会見で、「桜を見る会」を巡る安倍晋三前首相側の疑惑に関する官房長官当時の国会答弁を撤回しない姿勢を示した。「これまでの私の答弁について、必要があれば安倍氏に確認しながら行ってきた」と述べた。日本学術会議の会員任命拒否問題に対する学術界などからの反発は当初から想定していたとした。

 安倍氏の後援会が主催した桜を見る会前日の夕食会について、安倍氏側は費用補填を認め、東京地検特捜部が捜査している。だが、安倍氏は首相当時「後援会の支出は一切ない」と答弁し、菅首相は官房長官として「安倍氏が答弁した通りだ」としてきた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見を終えて引き揚げる菅首相。奥は加藤官房長官=4日夜、首相官邸
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]