週半ばにも馬毛島の調査開始 防衛省、鹿児島県の許可受け

12/5 12:23
 鹿児島県西之表市の馬毛島=10月27日

 防衛省は、米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地とする鹿児島県西之表市・馬毛島で、自衛隊基地建設に向けた海上ボーリング調査を6日から始まる週の半ばにも開始する方針を固めた。先月27日に県から調査許可を受けていた。気象状況を踏まえて最終判断する。複数の防衛省幹部が5日、明らかにした。

 2011年の日米安全保障協議委員会の共同文書に馬毛島を候補地として明記して以来、硫黄島を使っているFCLPの移転計画が本格化する。空母艦載機が所属する米軍岩国基地(山口県)から硫黄島まで約1400キロあるため、米政府から移転を急ぐよう求められていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 鹿児島県西之表市の馬毛島=10月27日
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]