広島サミット、準備開始 県と市、庁内組織を設置

6/30 11:06
 広島市役所で開かれた「G7サミット推進本部」の第1回会合=30日午前

 来年5月19〜21日に広島市で開かれる先進7カ国首脳会議(G7サミット)の準備のため、広島市と広島県は30日、それぞれ幹部らで構成する庁内組織を設置し、第1回の会合を開いた。

 市は「G7サミット推進本部」を設置。本部長の松井一実市長は「各国首脳には、被爆の実相に理解を深めてもらい、生命や財産を守るためには核兵器をなくす以外に根本的な解決策はないことを念頭に、安全保障を議論してほしい」と述べた。

 県は「広島サミット庁内連絡会議」とした。湯崎英彦知事は「世界の注目度も高い重要な会議。成功に向けて県は円滑な運営ができるようにする立場だ」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 広島市役所で開かれた「G7サミット推進本部」の第1回会合=30日午前
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]