「同性愛は精神障害、依存症」 自民会合で差別的文書配布

6/30 21:01
 東京・永田町の自民党本部

 自民党の国会議員による議員懇談会の会合で「同性愛は後天的な精神の障害、または依存症」など、LGBTら性的マイノリティーに対して差別的な内容の文書が配布されていたことが30日、関係者への取材で分かった。性的少数者の支援団体からは「ヘイトスピーチに当たり、許されない」と憤りの声が上がった。

 関係者によると、文書が配られたのは6月に開かれた「神道政治連盟国会議員懇談会」の会合。「性的少数者の性的ライフスタイルが正当化されるべきでないのは、家庭と社会を崩壊させる社会問題となるから」などと記されていた。文書は大学関係者の講演をまとめたものとみられる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 東京・永田町の自民党本部
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]