公明、政治倫理規範を策定へ セクハラ疑惑報道受け

9/25 20:19

 公明党の石井啓一幹事長は25日の党大会で、党所属議員らのハラスメント防止や法令順守に向け、政治倫理規範の策定を検討すると明らかにした。熊野正士参院議員(比例代表)が知人女性へのセクハラ疑惑を報じられるなど党内の不祥事が相次いだのを受けた措置。党大会後の記者会見で「問題意識が非常に高まっている。時間をかけずにまとめたい」と述べた。

 熊野氏のセクハラ疑惑報道に関し、山口那津男代表は党大会で「党員、支持者、国民の皆さまに心配をかけている」と改めて陳謝。その上で「党全体で綱紀を正していく」と強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]