首相、在任中は岸田派離脱の意向 会長空席、今夕表明へ

12/7 13:09
 岸田文雄首相

 岸田文雄首相は7日、自身が会長を務める自民党岸田派を首相在任中は離脱する意向を固めた。同派の会長は空席のままとする。複数の関係者が明らかにした。今夕に表明する見通し。自民党安倍派による派閥パーティー収入からのキックバック(還流)疑惑など「政治とカネ」問題で世論の厳しい目が向けられる中、これ以上派閥にとどまるのは国民の理解を得られないと判断したとみられる。

 関係者によると、首相は6日に麻生太郎副総裁や茂木敏充幹事長ら党幹部を集めた緊急会合で、還流疑惑に関し「信頼回復のために強い危機感を持って一致団結して対応を」と呼びかけた。その上で「党の中には無派閥の人もいる。私自身が首相、党総裁の間は派閥を離れることが適当だと判断した。党の信頼回復に向けて先頭に立つ」と伝えていた。7日の岸田派会合には出席しなかった。

 首相は2021年10月に就任後も岸田派の会長を続けてきた。自民内では、無派閥の菅義偉前首相が「派閥政治を引きずっているというメッセージになって、国民の見る目は厳しくなる」と苦言を呈していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 岸田文雄首相
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]