「精査の最中」と自民・塩谷氏 安倍派のパーティー券裏金問題

12/10 17:52
 塩谷立氏

 自民党安倍派(清和政策研究会)の塩谷立座長は10日、同派の政治資金パーティー裏金問題を巡り、自身がキックバック(還流)を受けていたかどうかに関し「精査している最中だ。申し上げられない」と語った。派閥としての今後の対応については「状況を把握しながら、検討したい」と言及するにとどめた。浜松市で記者団の質問に答えた。

 同時に「国民の皆さまに大変な政治不信を招いたことをおわび申し上げる」と陳謝した。自らが責任をどう取るかとの質問には「事実関係をしっかり把握し、判断したい」と答えた。議員辞職する考えは「今の時点ではない」と述べた。

 塩谷氏の事務所での派閥パーティー券の取り扱いは「東京の事務所で行っている」と説明。事務所に対する東京地検特捜部の聴取の有無については「聞いていない」と回答した。特捜部から資料提出を求められたかどうかは「ないと思う」との認識を示した。

 自らが11月30日、還流を巡り「そういう話はあったと思う」と発言した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 塩谷立氏
 記者団の質問に答える自民党安倍派の塩谷立座長=10日午後、浜松市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]