国内外ニュース

網膜色素変性症の進行抑制 アミノ酸で、京大治験へ

2019年02月21日 18:52
PR
 京都大の池田華子准教授(眼科学)のチームは21日、肝臓病治療に使われるアミノ酸が、目の難病「網膜色素変性症」の進行を遅らせることがマウスを使った実験で分かったとして、現場の医師が主体となり患者で有効性や安全性を調べる医師主導治験を3月1日から始めると発表した。対象患者の募集は終了している。

 同変性症は、光を感じる網膜の視細胞が変性して失われ、視野が狭くなったり視力が低下したりする。原因は遺伝子異常とされ、有効な治療法は見つかっていない。国内の推定患者は約3万人。

 治験は患者ごとに1年半実施。分岐鎖アミノ酸を投与し、視力や視野を検査し経過を観察する。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から