国内外ニュース

八郎湖の環境を遊んで学ぶ、秋田 NPOがゲーム開発

2019年08月20日 18:29
PR
 国の干拓事業で総面積の約8割が陸地化された秋田県の八郎潟。残された湖・八郎湖で長年続く水質汚濁や生態系の問題に関心を持ってもらおうと、同県潟上市のNPO法人と大学生らがカードゲームを開発した。汚濁の原因となるアオコの異常増殖を抑えるといった課題に取り組みながら、現状を学べる。今後は学校での出前授業などで活用される。

 名称は「はちリバ〜HACHIRO REVIVAL〜」。4〜5人が一つの「村」をつくり「ゲンジボタルを守る」などの課題を選択。手持ちのメダルを払ったり、さいころを振って水草を入手したりすると、課題をクリアできる。遊んでいるうちに、実際に必要な活動をイメージできる。

 かつて滋賀県の琵琶湖に次ぎ全国2番目の広さだった八郎潟。戦後の食糧難を解決するため国が1957年、大規模干拓事業に着工したが、その後、八郎湖はアオコの大量発生による水質汚濁などが問題となっている。

 「はちリバ」の発起人はNPO法人「はちろうプロジェクト」事務局の鎌田洋平さん(35)。秋田県立大や秋田公立美大の学生23人が協力し、5月に完成させた。8月6日、ゲームを体験した県立大2年の磯村紋加さん(19)は「なかなか思うように進まないところがリアルで面白い」。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から