はやぶさ2のカプセル回収 小惑星の石載せ、豪の砂漠に着地

12/7 00:44
 オーストラリア南部ウーメラ近くの砂漠で回収されるはやぶさ2のカプセル=6日(JAXA提供)

 【ウーメラ(オーストラリア南部)共同】宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が投下した小惑星りゅうぐうの石が入るとみられるカプセルは6日未明、地球の大気圏に突入し、約30分後の同日午前4時24分(日本時間午前2時54分)、オーストラリア南部ウーメラ近くの砂漠に計画通り着地、回収された。初代「はやぶさ」に続く快挙。打ち上げから約6年間に当たる2195日で52億4千万キロを飛行した探査は完了した。

 カプセルは現地の施設に移送され、7日にも内部に小惑星由来のガスが含まれるかどうか簡易検査する。早ければ8日にも日本に到着するとみられる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 オーストラリア南部ウーメラ近くの砂漠で回収されるはやぶさ2のカプセル=6日(JAXA提供)
 6日未明、オーストラリア南部クーバーペディの上空で観測された、大気圏に突入した「はやぶさ2」のカプセルの火球(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]