追加接種で発症を95%抑制 ファイザー製ワクチンの臨床結果

10/22 09:26
 米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 【ワシントン共同】米ファイザーは21日、同社製の新型コロナウイルスワクチンの追加接種によって時間の経過とともに低下する効果を回復させ、発症を95・6%抑えられたとする臨床試験結果を発表した。試験は感染力の強いデルタ株の流行中に行った。

 試験には基本の2回接種を終えた16歳以上の約1万人が参加。半数ずつに分け、およそ11カ月後にワクチンか偽薬を投与した。2カ月半ほどの追跡期間の中で発症したのは、ワクチンを接種したグループで5人だったのに対し、偽薬のグループは109人いた。安全性に関する新たな懸念は確認されなかったとした。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]