ブタの腎臓、米大で人に移植実験 脳死者の体内で機能

1/20 21:32
 ブタの腎臓の移植手術をする米アラバマ大バーミンガム校の医師ら(研究チーム提供)

 【ワシントン共同】移植時の拒絶反応を和らげるよう遺伝子操作したブタの腎臓を、脳死の男性に移植する実験をしたと、米アラバマ大バーミンガム校の研究チームが20日、米臓器移植専門誌に発表した。腎臓は3日余り後に実験を終えるまで拒絶されず、尿を作る機能も果たしたという。

 今回は短期間の移植で腎臓の機能も詳細に調べていないが、ジェイミー・ロック教授は「(種の壁を越えた)異種移植に向け大きな節目」と指摘。臓器不足の中で移植を長期間待つ人を減らせるよう、重い腎臓病患者への臨床試験も視野に入れているとした。

 手術を受けたのはアラバマ州に住むジム・パーソンズさん(57)。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ブタの腎臓の移植手術をする米アラバマ大バーミンガム校の医師ら(研究チーム提供)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]