大リーグ選手会が114試合提案 機構側に、6月30日開幕

6/1 12:24

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ選手会が今季開催案を協議している大リーグ機構(MLB)に、6月30日開幕で、レギュラーシーズンは114試合を実施することを対案として示したと5月31日、AP通信が報じた。

 選手会は3月下旬に試合数に比例した年俸でMLBと合意したとの立場で、それ以上の削減は拒否した。MLBは7月上旬開幕の82試合制と、無観客に伴う収益減を見据えた追加の年俸削減を求めていた。

 大リーグは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で当初の3月26日の開幕を延期した。労使交渉では感染予防策とともに年俸の扱いが最大の争点になっている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]