熱海富士、島津海が新十両 竜電は再十両

1/26 10:40
 両国国技館の土俵=1月

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で大相撲春場所(3月13日初日・大阪)の番付編成会議を開き、熱海富士(19)=本名武井朔太郎、静岡出身、伊勢ケ浜部屋=ら新十両2人を含む十両昇進力士4人を発表した。他の新十両は島津海(25)=本名中園空、鹿児島出身、放駒部屋=。熱海富士は初土俵から8場所での新十両で、小錦、把瑠都らに並ぶ7位のスピード出世。

 再十両は2人。昨年コロナ対策ガイドライン違反で3場所出場停止処分を受けた竜電(31)=本名渡辺裕樹、山梨出身、高田川部屋=が4場所ぶり、貴健斗(25)=本名水田健斗、熊本出身、常盤山部屋=が3場所ぶりに復帰した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 両国国技館の土俵=1月
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]