レスリング藤波、V2へ抱負 世界選手権前に三重県で合宿

8/9 19:36
 三重県いなべ市で行われた合宿で調整する藤波朱理

 レスリングの世界選手権(9月・ベオグラード)女子53キロ級で2連覇を狙う藤波朱理(日体大)が9日、三重県いなべ市での大学の合宿で練習を公開し「自分のレスリングをして優勝する。2年後のパリ五輪につなげたい」と抱負を語った。

 18歳の藤波は中学時代の2017年9月から公式戦100連勝中のホープ。得意のタックル以外の攻撃にも磨きをかけており、スパーリングではカウンターで俊敏にバックに回る動きを見せた。順調な調整ぶりをうかがわせ「マークが厳しくなるのは当たり前。細かな技術も大事になる。不安要素をなくしていくために練習するだけ」と表情を引き締めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 三重県いなべ市で行われた合宿で調整する藤波朱理
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]