栗山代表監督、大谷の成長実感 米大リーグ視察から帰国

8/14 20:38

 日本代表の栗山英樹監督が14日、来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けた米大リーグ視察から帰国し、東京都内で取材に応じた。日本ハム時代に指導し、投打で活躍するエンゼルスの大谷翔平に「いろいろなことを乗り越え、我慢しながら高いレベルでやれるようになってきている」と成長を実感した。

 米国では5試合を視察した。収穫は多く、メンバー選考が「帰ってきてゼロに戻った」と言う。大谷らメジャーからの参戦を促す発言はなかったが「向こうを知る人のアドバイスはすごくプラスになる。材料としてあったらいい」と期待した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]