室伏スポーツ庁長官の続投発表 任期1年更新、3年目へ

9/26 11:43
 スポーツ庁の室伏広治長官

 文部科学省は26日、スポーツ庁の室伏広治長官(47)の任期を1年更新する人事を発表した。10月1日付。民間から登用された室伏長官は規定により最長5年間は現職を務めることが可能。9月末に2年の任期満了を迎え、3年目へ続投となった。

 陸上男子ハンマー投げで2004年アテネ五輪金メダリストの室伏長官は、20年10月に初代長官だった鈴木大地氏の後任として就任。22年度から5年間のスポーツ施策の指針となる「第3期スポーツ基本計画」が3月に策定され、東京五輪・パラリンピック後のスポーツ政策を軌道に乗せるため継続性を重視した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 スポーツ庁の室伏広治長官
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]