西岡、宇山ら決勝へ ジャパンOPトランポリン

12/9 20:49
 男子予選 1位の西岡隆成=川崎市とどろきアリーナ

 トランポリンのジャパンオープン第1日は9日、川崎市とどろきアリーナで個人予選が行われ、男子は世界選手権3位の西岡隆成(近大)が59・900点の1位で8人による10日の決勝に進んだ。堺亮介(バンダイナムコアミューズメント)は27位で予選落ちした。

 女子は宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)が55・270点でトップ通過。森ひかる(TOKIOインカラミ)は調整不足で欠場した。優勝者は来年5月のパリ五輪代表選考会の出場権を得る。世界選手権で決勝進出の西岡と堺、10月の全日本選手権で優勝した森は獲得済み。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 男子予選 1位の西岡隆成=川崎市とどろきアリーナ
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]