WHO要員らが性的暴行か エボラ熱流行のコンゴで

9/30 09:59

 【ジュネーブ共同】ロイター通信は29日、エボラ出血熱が流行したコンゴ(旧ザイール)で支援活動をしていた世界保健機関(WHO)などの国際援助組織の要員が、立場を利用して性的暴行を行い、被害者が約50人に上っていると報じた。報道を受けてWHOは徹底した調査を行うと発表した。

 ロイターによると、被害はコンゴ東部ベニを中心に発生。援助機関での炊事や清掃の仕事と引き換えに、性的行為を強要されたとの証言が多くを占めている。加害者はWHOの他に国連児童基金(ユニセフ)、国際移住機関(IOM)、コンゴ保健当局や、国境なき医師団(MSF)の要員という。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]