NZ議会、史上最も多様に 半数近く女性占める、LGBTも

10/21 15:00
 総選挙の勝利後、労働党幹部らと懇談するアーダン首相(左端)=18日、オークランド(ゲッティ=共同)

 【シドニー共同】ニュージーランド議会(一院制、基本定数120)は17日の総選挙の結果、当選者の半数近くを女性が占めた。LGBTなど性的少数者や先住民マオリ、外国出身者もそれぞれ躍進し、「国内史上最も多様性に富んだ議会」(地元メディア)となる。

 ニュージーランドは世界で初めて国政レベルの女性参政権を実現した歴史があり、アーダン首相が2018年に出産し産休を取得するなど、先進性で知られる。

 総選挙の結果確定は来月だが、アーダン氏率いる労働党が9月の解散前の46議席を大幅に上回る64議席を獲得し、35議席の最大野党国民党に圧勝した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 総選挙の勝利後、労働党幹部らと懇談するアーダン首相(左端)=18日、オークランド(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]