中国、朝鮮戦争70年で抗米宣伝 団結呼び掛け、北朝鮮と温度差も

10/21 18:54
 中国遼寧省丹東にある「抗米援朝記念館」=9月(共同)

 【北京共同】中国軍の朝鮮戦争(1950〜53年)参戦から25日で70周年を迎える。習近平指導部は米国と対決した「抗米援朝」のスローガンを大々的に宣伝。米中対立が激化する中、国民に団結を呼び掛ける狙いだが、北朝鮮との間では温度差もうかがえる。

 「正義の事業はどんな敵にも打ち破れない。70年前、われわれは強大な敵に打ち勝った。今も同じ決意、能力がある」。21日付の中国軍機関紙、解放軍報は「勝利」を強調し、対中強硬路線の米国をけん制した。

 中国は参戦を「米国の侵略」から国を守った行動だと位置付けている。25日には記念行事が開かれるとみられている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 中国遼寧省丹東にある「抗米援朝記念館」=9月(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]