中国、副会長帰国は「外交勝利」 対米改善を模索

9/26 18:19
 中国広東省深センの空港で、ファーウェイの孟晩舟副会長兼最高財務責任者の帰国を待つ人たち=25日(共同)

 【北京共同】中国メディアは、米司法省が起訴効力を停止しカナダで釈放された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)の帰国を「外交的な勝利」として大きく報道。技術や軍事を巡る米中間の対立は変わらないが、中国は安定した対米関係を望んでおり、首脳会談などへ向け関係改善を模索するとみられる。

 国営の中央テレビは25日夜、孟氏の帰国を航空機が到着する広東省深センの空港からインターネットで生中継。赤いワンピース姿でタラップを下りてくると、待ち構えた関係者が国旗を振って“英雄”並みに歓迎した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 中国広東省深センの空港で、ファーウェイの孟晩舟副会長兼最高財務責任者の帰国を待つ人たち=25日(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]