米、核実験に「断固対応」 大統領歴訪で北朝鮮けん制

5/20 06:47
 サリバン米大統領補佐官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は19日、バイデン大統領の日韓歴訪中に北朝鮮が核実験やミサイル発射に踏み切る可能性があるとの認識を重ねて示し「あらゆる脅威や攻撃に断固として対応する」とけん制した。韓国に向かう大統領専用機内で記者団に語った。バイデン氏は20日に韓国入りする。

 サリバン氏は、北朝鮮が核実験などを強行した場合「米国の同盟国を守る決意は一層強くなり、地域における米軍の態勢を調整することになる」と警告。「北朝鮮の脅威を前に日米、米韓の2国間関係や日米韓3カ国の連携は強化される」と指摘した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 サリバン米大統領補佐官(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]