領土割譲の妥協策に反発 停戦条件でゼレンスキー氏

5/26 11:51
 ウクライナのゼレンスキー大統領(ロイター=共同)

 ウクライナのゼレンスキー大統領は25日公表のビデオ演説で、ロシアとの停戦条件を巡って米国などの一部に、領土の事実上の割譲が不可避だとの考えがあるとし、「見せかけの平和のために」妥協することはその地域に住むウクライナ人のことを考えていないと反発した。

 ロイター通信によると、キッシンジャー元米国務長官がダボス会議で、ロシアが編入したクリミア半島の返還を諦めるようウクライナに提案。ゼレンスキー氏は、英仏のナチス・ドイツへの融和姿勢が結果的に第2次大戦の惨禍を招いたとされる1938年のミュンヘン会談の教訓を引き合いに出して、キッシンジャー氏を批判した。(共同)

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ウクライナのゼレンスキー大統領(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]