風船が感染源との疑い示唆 北朝鮮、新型コロナで

7/1 07:46
 平壌市内のショッピングセンターで行われた消毒作業=6月(共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、同国での新型コロナウイルス流行は、4月初旬に東部で「見慣れないもの」に触れた2人から始まったと国家非常防疫司令部が6月30日に発表したと報じた。司令部は「風船に付いて飛んでくる物体」への警戒を強化しているとし、韓国にいる脱北者らが飛ばす風船を感染源として疑っていることを示唆した。

 司令部によると、4月初旬に江原道で軍施設内にあった物体に触れた軍人(18)と、山中で物体に触れた幼稚園児(5)が抗体検査で陽性となった。専門家らでつくる調査委員会は、この2人を感染の始まりとする見解で一致したとしている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 平壌市内のショッピングセンターで行われた消毒作業=6月(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]