「日本は強く国軍非難を」 ミャンマー拘束の久保田さん会見

11/28 18:39
 記者会見で話す久保田徹さん=28日午後、東京都千代田区

 クーデター後国軍が実権を握るミャンマーで抗議デモを撮影中に一時拘束されたドキュメンタリー制作者の久保田徹さん(26)が28日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、日本政府に対し「ミャンマー国軍の抑圧を強い立場で非難すべきだ」と訴えた。

 久保田さんは7月、ヤンゴンで抗議デモを撮影していた際に拘束された。扇動罪などで計10年の禁錮刑を言い渡されたが、「恩赦」として11月17日に解放した。

 日本政府に対し「ミャンマーとは経済的なつながりが大きく日本の存在感は大きい。不当に拘束されている人の解放や民主的な政権の樹立を強い立場で呼びかけてほしい」と求めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見で話す久保田徹さん=28日午後、東京都千代田区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]