共同通信PRワイヤー

株式会社明治
2017年5月19日

株式会社明治

乳酸菌由来の多糖体が肌のうるおいを保つ働きがあることが報告されている
スフィンゴミエリンの吸収促進に関与することを確認

 京都大学大学院農学研究科 菅原達也教授と株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)の共同研究グループは、乳酸菌により産生された多糖体が、肌のうるおいを保つ働きがあることが報告されているスフィンゴミエリン(※1)の吸収促進に関与していることを、動物実験で明らかにしました。
 この研究成果を、2017年5月19日~21日に開催される第71回日本栄養・食糧学会大会にて発表します。

【内容】
■演題名:
 乳酸菌由来多糖体によるスフィンゴミエリンの吸収促進作用
■概要:
 食事由来のスフィンゴミエリンは、主にセラミド(※2)として生体内へ移行します。しかし、移行されるのは1~4%程度であり、スフィンゴミエリンの効果を高めるためには吸収性を高めることが重要です。そこで、スフィンゴミエリンの吸収に関与する成分の探索を目的に次の実験を行いました。
ラットを用い、対照群のラットにはスフィンゴミエリンを、実験群のラットにはスフィンゴミエリンに発酵乳または発酵乳由来の各種成分を加えたものを、それぞれ経口投与しました。投与後、尾静脈より経時的に採血を行い、血清中のセラミド量を測定しました。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101996/201705191884/_prw_PI1im_39B2D53X.PNG
 実験結果の詳細を図のとおりに示し、乳酸菌により産生された多糖体が、スフィンゴミエリンの吸収を促進させる、発酵乳中の関与成分のひとつであることが示唆されました。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101996/201705191884/_prw_PI2im_KlDNoJUl.PNG
(※1):スフィンゴミエリン
 リン脂質の一種であり、牛乳、肉、卵などに多く含まれます。経口摂取により、皮膚のバリア機能を改善し、肌のうるおいを保つ働きがあることが報告されています。
(引用文献 Morifuji M. et al.  J Dermatol Sci. 2015 78:224-231.)

(※2):セラミド
 動物の脳や皮膚の角質層に多く存在する脂質の一種です。肌のうるおいを保つ働きがあるとされ、化粧品などに使用されます。

※詳細は添付のリリースをご参照ください。

2017-05-19 14:00掲載
2017-05-19 14:00更新
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から