共同通信PRワイヤー

DEER JET (Beijing) CO. LTD
Deer Jetが世界最大のドリームジェット・フリートを構築へ

AsiaNet 68617 (0742)

【シアトル2017年5月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界初の787ドリームジェットを公開し、2機目導入を発表

世界的な大手ビジネス航空会社、Deer Jet(金鹿航空)は、現有フリートに2機目を加えて世界最大のドリームジェット・フリートを構築すると発表し、全米初公開として世界初の787ドリームジェットをボーイングが誕生したシアトルに持ち込んだ。

同機は、ボーイング社発祥の地でレッドバーン(赤い納屋)として知られていた航空博物館で展示された。展示シリーズ「Dreams Encounter the World(世界に出会う夢)」の一環として世界初の787ドリームジェットが香港、上海、ロンドン、ダブリン、ドーハを巡回した後の6番目の訪問先である。

シアトル展限定として、787ドリームジェットの客室では有名な「シリンダー」などガラス彫刻家デイル・チフーリのコレクションがローカルスタイルを加えた。先住民の織物にインスピレーションを得て、ガラス繊維で描いた器である。

Deer Jetの親会社HNA(海南航空)グループのアダム・タン最高経営責任者(CEO)は展示の閉幕にあたり記者会見し、「HNAグループは24年の歴史を通じて航空業界に多くのマイルストーンを築いてきた。かつての地方航空会社はいまやフォーチュン・グローバル500社リストの353位にランクされており、世界10大企業の1社になることを目標にしている。最初の787ドリームジェットは最高傑作であり、その世界的な成功を受けて2機目を加えることにした。世界最大のドリームジェット・フリートを構築すると決めたのである。2機目もアジア最大の自家用ジェット企業、Deer Jetが運航する。世界中の高所得顧客に最高品質のビジネス旅行を提供すると確信している」と語った。

この記者会見で、ボーイング社の民間航空機部門、Boeing Commercial Airplanesのケビン・マカリスター社長兼CEOは「Deer Jetは民間チャーター旅行の基準を設定しつつあり、ボーイングは市場で最も技術的に進歩し生態学的に効率的なジェット機、787によってそれに参画できることを喜んでいる」と付け加えた。

Deer Jetは2016年9月、世界初の787ドリームジェットの運航を引き受け、香港に処女飛行させた。発表された世界で2機目の787 BBJ VVIPは、2018年前半に引き渡される見込みで、Deer Jetはフリートに最高の航空機を保有し、世界的な高級ビジネス旅行市場により良いサービスを提供する唯一のジェット機運航企業となる。

Deer Jetは787ドリームジェットをサービス・プラットフォームとして、5スターのHainan Airlines(海南航空)から経験豊富なパイロットと客室乗務員を厳選して「ドリームチーム」を編成、さらに7スターのホスピタビリティー・サービス基準で彼らを訓練し、搭乗客全員にクラス最高の旅行体験を提供すると約束する。787ドリームジェットは18時間半の無着陸飛行で最大30人の乗客を快適に運ぶことが可能で、航続距離はロサンゼルスからムンバイより遠い。客室の先進技術によって乗客は飛行中すっかりくつろぐことができるし、時差ボケもほとんどない。Deer Jetは「Making Travel an Art(旅行をアートにする)」コンセプトに沿って、厳選されたアメニティーと高級クリスタル、クッション、銀器、磁器の特注コレクションで客室のスタイルとカラーをカスタマイズしている。

Deer Jetはまた、「香港からタヒチへの夢旅行」を皮切りに、787ドリームジェットに搭乗する独占カスタム旅行パッケージも売り出した。セントレジス・ボラボラリゾート(St. Regis Bora Bora Resort)のプレジデンシャル・スイート優待を含む7泊のチャーター・パッケージである。Deer Jetは将来、「品位」「実績」「卓越性」というDeer Jetの価値観に触発されたクラス最高のサービスを通じ、「Making Travel an Art」ビジョンの実現に向けたシームレスな旅行を創出する目標の一環として、さらに旅行プランを加える予定である。

▽Guernseyレジストリで運航
この航空機はBAS GuernseyのAOCの下、Guernsey航空機レジストリ(2-DEER)で運航されている。通常は香港国際空港に駐機し、Deer Jet子会社のHong Kong Jetが運航している。787ドリームジェットのチャーター料は1時間50万人民元(約7万815ドル)である。

▽Deer Jetについて
22年の経験があるDeer Jetは中国初の自家用ジェット企業として発足し、アジア最大のビジネス航空グループに急発展した。Deer Jetには世界のリーダー、王室、企業家に特注サービスを提供してきた伝統があり、それが比類ない評価をもたらしている。Deer Jetはフォーチュン・グローバル500社の1社で中国有数の社会的責任のある著名ブランド、HNA(海南航空)グループが完全所有する子会社として活動している。Deer Jetは世界唯一の787ドリームジェットを含む90機余りのフリートを管理、運航しており、これに2機目の787ドリームジェットが加わる。

Deer Jetは2016年第4四半期、世界の大手飛行支援ソリューション・プロバイダー、UAS International Trip Support(UAS)の筆頭株主になった。Deer JetはWorld Travel Awards (WTA)の「World's Leading Private Jet Charter」を2年連続で受賞し、今年2月には権威あるWorld Tourism Forumの「World’s Best Private Jet Company(世界最優良プライベートジェット企業)」に選定されている。

ソース:Deer Jet

2017-05-19 14:12掲載
2017-05-19 14:12更新
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から