共同通信PRワイヤー

KDDI株式会社
2018年1月12日

KDDI株式会社

もしものときや将来設計に便利!シンプルでわかりやすい保障内容の「auの生命ほけん」
プチ三太郎オリジナル「auライフプランニングノート」プレゼント


KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司、以下KDDI)は、2018年1月12日より、シンプルでわかりやすい「auの生命ほけん」(au定期ほけん、au医療ほけん、au医療ほけんレディース、au生活ほけんのいずれか)に新規ご契約の方へ抽選で、もしものときや将来設計に便利な、プチ三太郎オリジナル「auライフプランニングノート」を300名様にプレゼントいたします。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801119810-O1-812HMtrX
「au ライフプランニングノート」は、累計販売約60万冊と30代~40代を含む幅広い世代にヒットしているコクヨのライフイベントサポートシリーズ「もしもの時に役立つノート」http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/life-event/ending/ のauオリジナルデザインです。「もしもの時」はもちろん、 日常生活や自分の大切な情報を1冊に集約しておくことができます。記入項目は、銀行口座や口座引落し、クレジットカード、保険、重要連絡先、WebサイトIDなど身近なことから、介護、葬儀、お墓、相続までと幅広く、漫画やイラストによる説明を加え、記入しやすさに配慮し、年齢を問わず若い人でも気軽に情報整理を始められます。 自分自身やご家族のために、大切な情報を記録しておくことで、日常生活のさまざまな「もしもの時」に備えます。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801119810-O2-ax5H3aM6
KDDIが実施した「女性の将来への備えに関する調査」(http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/01/12/2898.html)では、「備え」に関する傾向が明らかとなりました。まず、“将来への備え”として既に行っていることを聞いたところ、1位「健康診断の定期受診」(50.5%)、2位「医療保険」(41.2%)となりました。
入院や通院時の経済的な負担を軽減する医療保険は、半数近くの人が既に加入していることがわかりました。また、重要だと思う“病気への備え“は「健康的な生活習慣」(71.8%)がトップ。半数以上が「身体のセルフチェック」を重要だと思う、と回答しています。

一方で50代のおひとりさまでは、「貯蓄」(63.9%)、「エンディングノート」(25.0%)、「友人との信頼構築」(25.0%)も重要だと回答しています。「au ライフプランニングノート」を活用することで、日常からいざという時まで、さまざまな「備え」に対応することが可能です。

KDDIは、お客さま一人ひとりにとって、金融サービスをよりわかりやく、身近なものにすることで生活の選択肢を広げ「ちょっと心地良い暮らし」の実現を目指していきます。

1.キャンペーン概要
(1) 実施概要
 シンプルでわかりやすい「auの生命ほけん」(au定期ほけん、au医療ほけん、au医療ほけん
レディース、au生活ほけんのいずれか)にご契約の方へ抽選で、プチ三太郎オリジナル「auライフプランニングノート」を300名様にプレゼントします。

(2) 申し込み期間
2018年1月12日~2018年3月12日

(3) 対象者
「auの生命ほけん」(au定期ほけん、au医療ほけん、au医療ほけんレディース、au生活ほけんのいずれか)を期間中にお申し込みいただき、その後契約が成立した方。

(4) キャンペーンURL
 https://www.au.com/finance/lp/life-cp1801/

※2018年5月上旬までにauの生命ほけんのご登録住所に発送します。抽選結果は発送をもってかえさせていただきます。
※auの生命ほけんをお申し込みいただいた後、お引き受けの審査がございます。審査結果によっては、お引き受けができ
ない場合があります。
※期間中であっても、キャンペーンを予告なく変更・中止・延長する場合があります。
※複数商品をお申込みいただいても抽選権はおひとり様1回に限ります。


2.「auの生命ほけん」について
 「auの生命ほけん」は、ネット申込みならではのお手頃な保険料とシンプルで分かりやすい保障内容が特徴の生命保険です。スマートフォンやパソコンで簡単に申し込みができます。また、auサービスをご利用中のご契約者様であれば、毎月200円・最大60カ月間 (最大12,000円) をご契約ごとに保険料の還付金として受け取ることができます。

以 上





2018-01-12 14:00掲載
2018-01-12 14:10更新
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から