共同通信PRワイヤー

ConvenientPower Systems
ConvenientPower SystemsとGioneeが世界初のワイヤレス充電の中国製スマートフォンを発表

AsiaNet 71853 (0089)

【ラスベガス2018年1月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*Gioneeは世界最大のモバイルユーザー市場における初のワイヤレス充電の中国製携帯電話である

ConvenientPower Systemsは、13億8000万人(注)のモバイルユーザーから成る世界最大の市場である中国に向けてQiと急速ワイヤレス充電を統合した世界初の中国製スマートフォンを発表した。

Photo -
https://mma.prnewswire.com/media/627093/ConvenientPower_Systems_Wireless_Charging.jpg

中国の大手スマートフォン・ブランドであるGionee(http://www.gionee.com/ )は、中東、アフリカ、中央アジア、東南アジアのモバイルユーザー向けに、デザインフォワードの高性能カメラと充電オプション装備を提供することに注力している。

ConvenientPower Systemsのカミーユ・タン社長は「Gioneeが世界最大のモバイル市場へ急速ワイヤレス充電を投入したことは、ワイヤレス充電エコシステム全体にとって重要なマイルストーンである。このマイルストーンは、エコシステム全体にわたって中国のモバイルブランドとメーカーによるイノベーションとパフォーマンスを加速する。中国のモバイルユーザーの高度化と大規模な中国市場は、ワイヤレス充電のユーザーエクスペリエンスとコスト最適化のスケールにおいて新たな次元を切り開く」と語った。

ワイヤレス充電技術のリーダーであるConvenientPower Systems(http://www.convenientpower.com/ )は、Gionee M7PlusスマートフォンとGionee急速ワイヤレス充電パッドの両方に向けて急速ワイヤレス充電を開発した。 M7PlusスマートフォンはQiを搭載し、Gioneeワイヤレス充電器は急速充電用に最大10ワットの電力を有している。

Gionee M7Plus携帯電話の急速ワイヤレス充電は、ラスベガス・コンベンションセンターで開催のCES 2018で実演される。場所はWireless Power Consortium Booth #SL2, South Halls 3-4 Upper Level & Connector, Tech East, Las Vegas Convention Center。

(注)Statista、2017年8月

▽Gioneeについて
Gioneeは革新的で高品質のモバイル機器を提供する中国の大手モバイルグループである。中国における研究開発、生産、販売、アフターサービスで1万5000人超の従業員を抱えるGioneeの中国での物流には、30万以上の販売カウンターと8万人の販売促進担当者が含まれている。50の市場にわたるGioneeの急速な国際展開には、エジプト、インド、インドネシア、ジョージア、カザフスタン、ナイジェリア、アラブ首長国連邦(UAE)が含まれている。Gioneeは中国の深センに本社を置いている。
www.gionee.com

▽ConvenientPower Systemsについて
ConvenientPower Systems(CPS)はワイヤレス充電のソリューション、製品、サービスのワンストップハブである。過去9年にわたって毎年、市場で発売された製品で、量においても証明された技術を持つ、唯一のワイヤレス充電の技術とソリューションのプロバイダーであるCPSは、27の世界初を持っている。同社のソリューションと製品は、消費者とモバイル、自動車、家具・建物、医療・ヘルスケアのアプリケーションに及ぶ。CPSのワイヤレス充電技術は特許で守られている。CPS Groupは香港、サンフランシスコ、深セン、成都に拠点を置いている。
www.convenientpower.com

▽問い合わせ先
Larry Smalheiser
Sparkpr
larry.smalheiser@sparkpr.com
(415) 504-3694

ソース:ConvenientPower Systems

2018-01-12 13:31掲載
2018-01-12 13:31更新
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から